体験談

「膀胱炎だわ(悪寒)」と思ってから1時間以内に自力で超回復したときの話

こんにちは、ボコちゃん(@boukou_chan)です。

膀胱炎って、何の前触れもなく突然襲ってくることありません?

普通~にトイレ行って用を足してたら、
尿終了間際で「あ゛・・・?」みたいな。

まだわたしが会社勤めをしているとき、そういうことがありまして。
仕事中に突然膀胱炎の気配を察知して、「これはヤバいやつ」と思ってたらみるみる酷くなり、冷や汗ダラダラ。

そんな状態から、薬も飲まずにたった1時間で超回復したことがあるので
今回はその時のことを書いてみたいと思います。

「水分を取って出しまくる」が正解

もう結論から申し上げますね。

わたしがやったのは、

熱い緑茶がぶ飲み&大量におしっこ出す

です。

ホントにこれですっかり良くなりました。

時系列

実際どういう経緯で超回復したのか、
その日のことを時系列でまとめてみました。

11:45 膀胱炎の気配を察知

当時働いていた会社では用事がない限り外出することはほぼ無くて、その日も朝からパソコンに向かって仕事をしていました。

朝起きた時も特に不調はなかったし、会社でトイレも普通に行ってました。

しかし!
お昼直前の11:45頃、突然下腹部がモヤモヤしてきます。
トイレに行きたいような行きたくないような・・・・。

気持ち悪すぎてトイレに行ったら、もう排尿痛が😰
モヤモヤはすぐに酷い痛みに変わりました。

もうすぐ昼休みだし、そこまでは何とか持ちこたえなきゃ、と思い
冷や汗ダラダラになりながら仕事をしたのを覚えてます。

そうして地獄の15分が過ぎ、昼休み。
わたしが働いていたのは女性6人の部署で、普段はみんな会社内でお弁当を食べていたのですが、その日は珍しく外にランチしに行こうということになりました。

わたしはその時にはもう歩くことすらしんどい状態だったので、
丁重にお断りして、フロアに一人でお留守番することに。

この状況はかなりラッキーだったと思います。

一人だったら思いっきり悶絶できるし(笑)
周りを気にせず好きなだけトイレも行ける!

と、みんなが出かけて一人になれたことですごく気が楽になりました。

12:00 がぶ飲み&トイレ駆け込み開始

とにかく、どうにか症状を軽くしよう、と思って

緑茶のがぶ飲み&トイレ

をひたすら繰り返しました。

会社にポットとお茶パックが置いてあり自由に飲んで良かったので、
ここぞとばかりにがぶ飲み。

そして、

お腹がはち切れそうなほど飲んだら、トイレに駆け込む!

膀胱炎のときってずっと残尿感があって
すぐトイレに行きたくなったり
行っても出なかったり、少量しか出ないのにそれがすっごく痛かったりしますよね。
なのでこの時は、
あーもう漏れそう!
というところまで溜めて、大量に出すようにしました。

温かい緑茶を飲んだので身体はポカポカしてくるし、
トイレ駆け込みを3回繰り返したあたりで、
何となくスッキリとしてきました。

12:45 あの痛みは一体何だったのか

緑茶がぶ飲み&トイレを繰り返すこと45分・・・

排尿痛や冷や汗はすっかり引き、モヤモヤした違和感は嘘のように消え去りました。

昼休み終了となる13:00までの15分間は、
昼休み開始までの地獄の15分間からすると、
信じられないほど穏やかなものでした(笑)

本当に、あの痛みは一体何だったのか

午後もぶり返すことはなく、
定時までバリバリ仕事しました。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、1時間以内に自力で膀胱炎から超回復したときの話でした。

昼休みの職場に一人という状況で、
回復することに集中できたのはラッキーだったと思います。
(あと留守番してるときに電話が1本もかかってこなかったのも運がよかった。笑)

でもやっぱり

水分を取って出しまくる

これが本当に大事なことなんだと身をもって感じました。

膀胱炎になると病院でお医者さんに言われますよね?
「とにかく水分いっぱい取っておしっこたくさん出してください」と。

わたしも耳にタコが出来るほど言われ続けてきましたが、
こんなに効果を感じたのは初めてでした。

膀胱炎を患いながら働くのは本当につらいです。
少しでも膀胱炎の気配を感じたら、できるだけ早く病院へ行きましょう。
でも、この時のわたしと同じようにすぐに病院へ行けない方や、
仕事中に膀胱炎の気配を感じた方がいたら、
ぜひぜひ「水分取って出しまくる」をしつこいくらい繰り返してみてください!

あなたの膀胱ちゃんが元気になることを願っています♪