コラム

【コラム】「仕事中のトイレ禁止」は会社にどんなメリットがあるの?

えっ、メリットなんてあるの?

ないよね?

トイレに許可も禁止もあってはならない

先日こんなツイートをしました。

 

記事の内容の出来事をざっくり説明すると

新入社員の女性(生理2日目)が、役員が講師を務める新人研修を受けている時に、血が漏れそうな気配を感じてトイレに行かせて欲しいと人事部の男性社員に伝えるも、もうちょっとだから我慢してと言われ、結果会社の制服も椅子も汚してしまい女性はショックと恥ずかしさで泣いてしまった。

というもの。
想像すると本当に心が痛いです。
よく知らない男性社員に「生理だからトイレに行きたい」なんて言うのもすごく勇気がいったでしょうに。。

この記事を読んだあと、女性を気の毒に思う気持ちと、なんかモヤモヤするな?という気持ちがあったのですが、もう一度じっくり読んだらその理由がわかりました。

この記事最後に、「トイレをガマンしてと言った人事部の社員に悪意はなかっただろうが”新入社員の異変と、役員からの見えかたのどちらを優先すべきか…相手を思いやる気持ちがあれば”云々」って書いてあったんですよね。

いやそんなことより研修中にトイレに行っちゃダメっていうのがそもそもおかしいよね?
トイレは生理現象だから許可とか禁止されることじゃないし相手を思いやる思いやらないじゃないよね?
そこにフォーカスしよ!

って思いました。これがモヤモヤの正体でした。。

「講義の前にトイレを済ませておくように」という指示はなんら問題ないと思いますが、「役員が講師だから、その講義の途中でトイレに行くのは失礼だから、先に済ませておくように」っていうのは、なんか、違いますよね・・・。

本当に”新入社員の異変と役員からの見えかた”を天秤にかけた結果、女性をトイレに行かせなかったのだったとしたら、講師の役員はまずこの人事部の社員を教育してください

仕事中のトイレを禁止しても誰も幸せになれない

結局この出来事では、トイレに行けなかった女性だけでなく、トイレに行かせなかった男性社員も気まずい思いをしただろうし、周りにいた同期の社員にとってももちろん良い思い出とはならなかったでしょう。

人事部の社員は講義中にトイレに行くのは失礼だからと言っていましたが、それならトイレに行けなくてモゾモゾしたり講義に集中できなくなるのは失礼じゃないのでしょうか。

人前で話をしてると、動いてる人はとても目立つし、注意力散漫な人とか、意外と分かりますよね。

トイレに行けず苦しくて講義中ずっとうつむいている人がいたかもしれません。
それを見つけた講師の役員の機嫌が悪くなったかもしれません。

そして予定より長引く講義・・・
誰も幸せになれませんね。

 

記事にでてくる会社では新人研修中の出来事となっていますが、普段の仕事中でもトイレを禁止する会社はたくさんあるようです。
そういう会社って、昼休みとは別にトイレ休憩があるってことなのでしょうか。

始業前にトイレを済ませて、昼まで我慢して、退勤までまた我慢する、という状態であれば確実にパフォーマンスは落ちるし、本人も会社も誰も得をしない規則だと思うのですが、どうでしょうか。

スポンサーリンク

仕事中の「飲み物禁止」「トイレ禁止」を禁止!

トイレだけでなく「飲み物禁止」という会社もまだ多くありますよね。

これからの季節は、熱中症の危険やエアコンによる乾燥で体調を崩すこともあるかもしれません。

膀胱炎気味、という人は絶対に水分摂取が必要です。

そんなときに仕事中は飲み物禁止、と言われても、困りますよね。

わたしなら・・・無視します!
会社より自分の身体の声を聞かないとあとで後悔することになりますから

本音は「トイレ禁止」とか「飲み物禁止」とかおかしな規則こそ禁止したいですけどね!

「仕事中のトイレ禁止」のメリットを調べてみた

記事の冒頭では、

トイレを禁止することによって会社にメリットはあるのか?いや、ない。〜完〜

と言いましたが、ググってみたらどうやら仕事をサボるためにトイレにこもる社員対策になるということもあるようですね。社員は小学生なのでしょうか。

そのためだけにトイレ禁止してるって、ちょっと信じられません。

個人的には、そういう人はどんな手を使ってでもサボるだろうからトイレ禁止したところで解決にはならないと思いますけどね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コラムはこんな感じでボコちゃんの思ったことをつらつら書いていくつもりです。

では!